資金サポートの種類と内容

お金は天下の回りもの!賢い運用のヒント

クラウドファウンディングについて

不動産など巨額のものを購入するときは、銀行などの金融機関から借り入れて、数十年かけて毎月一定の金額を返済していくのが主流だと思います。
これは、社会的信用が得られていて、尚且つ期限以内の返済が出来る見込みのある人ならば誰でも融資を受けることができます。
最近の住宅ローンは、それプラス保険がついているタイプもあります。
それがどういうものかと言うと、例えば、マンションを購入するために借り入れをします。
そこは金融機関の融資と同じです。
返済期限と毎月の返済金額を決め、月々返済していくのですが、満額返済する前に、万が一特定の病気に罹患してしまったら、それ以降の返済が免除されるというシステムです。
万が一のことを考えると転ばぬ先の杖、これ以上の安心はありません。
これは、不動産会社独自の商品である場合がほとんどです。
しかし不動産の保険は、天変地異には殆ど対応していませんので、まったくノーリスクというわけではありません。
また、車などの高額の買い物をする時にも、金融機関からの融資を受けることが出来ます。
何年もかけてお金を貯めて買い物をするか、先に買ってから後から支払いをするかの違いです。
携帯電話を使うときのシステムに似ています。
現金で支払うときは、商品の金額のみを用意すればすみますが、どこからか借りて先に購入する場合は、商品の金額プラス金利といって、金額と期限に応じたその借入先への謝礼のようなものを支払う必要があります。

買い物するとき

最近よく耳にするクラウドファウンディングですが、これは、インターネット上で資金調達するためのシステムです。 最近登場した投資システムなので、馴染み深いものではありません。クラウドファウンディングとはどのようなものなのかを検証していきたいと思います。

クラウドファウンディングの罠

ローリスクローリターンのイメージを持つクラウドファウンディングですが、全くリスクがないわけではありません。 投資を募る方も、資金を出す方にももちろんリスクは存在します。 そのようなリスクがあるのでしょうか。 考えられるリスクについて検証してみました。

進学の為の奨学金制度

学生でも受けられる融資といえば、奨学金ではないでしょうか。 一言奨学金といっても、全額支給されるものから、後々返金を求められるもの、一部返金すればよいものと色々あります。 奨学金を受ける資格はどのようなものなのでしょうか。 奨学金について、検証してみました。