お金は天下の回りもの!賢い運用のヒント

>

進学の為の奨学金制度

夢はあきらめるべきではない

大学に進学したいけれど経済的理由で進学できないという人にも進学できる制度があります。
それは奨学金制度です。
入学金や学費はなんとかなったけれど、地方から出てきていて自分で生活しなければならないのに、アルバイトばかりしていたら学業が疎かになるというような場合でも、奨学金を利用すれば、勉強に集中できます。
奨学金は、誰でも借りることが出来ます。
卒業して、就職してから、返済をしていけばよいのです。
金融機関と違って金利がつかないのもあるので、返済計画が立て易いのも利点です。
やりたいことがあるのに、勉強したいのに、お金がないから諦めるのはもったいないです。
大人は、学生のやる気を応援しています。
それが奨学金制度です。

才能、頑張りへの対価

学力が優秀だったり、あるスポーツの才能に秀でている人に対して奨学金が付与されるケースもあります。
大学側が、お金を払ってでも入学して欲しいと思われる人に対してです。
学校によっても、支給条件は様々ですが、これは後々返済しなくてもいい奨学金です。
また、全額ではなくても、一部返済義務のない奨学金もあります。
これも取得条件があり、クリアしている学生に対してのみ支払われます。
他に、新聞奨学金制度というのもあります。
新聞販売所の寮で生活をし、新聞配達をしながら学校に通うのです。
住む所と食べるものの心配をしなくてもよいのです。
しかし新聞配達は、朝が早かったり、悪天候の中でも行わなければならなかったりしますので、経験者の話を聞いて受けるか判断する方がよいでしょう。


この記事をシェアする
B!